幸せの雫をあなたの日常に

フライトアテンダントに必要なスキルは?英語は?身長は?にお答えします!!

連日、スクールへのお問い合わせで多い質問をまとめてみました。

意外と知られていなかった航空業界、エアライン受験。

「私には無理だな。。」「憧れの職業だけど、どうやったらいいの?」

または、受けた事ないけど、きっと大丈夫だと思っている方も、

参考にしてみてくださいね!!

 

①フライトアテンダントになるには、英語ってどれくらいの英語力があればいいのでしょうか?

➡航空会社によって求められるレベルが全く違います。ヨーロッパ系、中東系は高度の英語力(英会話力)を求められます。
日常会話に加え、自分のことや聞かれたこと、また志望動機などすらすら言えるくらい。
英語レベルチェックの為、英語電話面接がある航空会社もあります。
アジア系に関してはそこまでのレベルの英会話力は必要ありませんが、訓練は英語で行われますので英語が分かるにこしたことはありません。
筆記試験がある航空会社もあります。
面接より先に1万通の中から選ばれる履歴書とカバーレターを書けることが大事です。
書類通過しなければ面接に呼んでもらえません。

②フライトアテンダントになるために必要な英語力以外のスキルとは?

➡きれいな身のこなしと美しい立ち振る舞いです。
そのために、航空会社によってはウオーキングの試験(面接)を取り入れているところもあります。
また、肌のコンディション、歯並びは常に重視されます。
肌にストロボライトを当てたまま面接する航空会社もあります。
八重歯は日本ではかわいいとされていますが、外資系を受けるに当たっては残念なことに歯並びが悪いと思われてしまいます。
事前に矯正をするのも1つの選択です。

③年齢制限は?

➡アジア系 28歳くらいまで (キャセイパシフィック航空をのぞく)若くて綺麗を好みます。

 中東系 結婚していないこと
 ヨーロッパ系 39歳 子持ちでも大丈夫!経験者を採用する傾向にあります。マチュアな人を好みます。
④身長はどれくらいあれば大丈夫なの?

➡外資系でしたら160センチは欲しいところです。

 身長測定があります。。。。
 身長が低い場合は小さい機種を扱う航空会社をオススメいたします。
⑤フライトアテンダントになるにはやっぱりスクールにいくべいき?

➡そうですね。自分でレジュメ制作、緊張した場面での美しい立ち振る舞い、話し方が出来る自信がない場合はスクールをオススメいたします。

 スクールに通うことで、”面接にて見られているポイント”を理解することができます。
 又、ご自身で気づかなかったことや分からなかったこと、また様々な情報を得ることができます。
 やはり、面接はぶっつけ本番の付け焼刃では難しいことがほとんどです。
⑥グランドホステスの方がフライトアテンダントより就職しやすい?

➡身長制限がないという点においては就職しやすいかもしれません。が、基本、見られているポイントは同じです。

⑦グランドホステスに必要なスキルとは?

➡必要なスキルは就職後に教えていただけます。

 英語が出来るにこしたことはありません。
 きれいな日本語を必要とされます。
 打たれ強い精神力と常に細かいことに気がつきそれを行動に移せることです。
⑧グランドホステスの具体的な仕事内容は?
➡空港でのチェックインから始まり、お客様のサポート、搭乗ゲートにてチケット確認。
 フライトに関して、パイロットやフライトアテンダントとのやりとり。
 経験をつみ色々なことが出来るようになると、飛行機を見送るディスパッチャーをいう仕事も出来るようになります。 
 フライトが遅れた場合のお客様対応。振替便の処理。

 

 

いかがでしたか?自分には、無理なんて諦めず、まずは挑戦する事が大事です!!

 

Happy essence Airline schoolではワーホリ、留学生のエアライン受験、帰国後の外資系企業面接対策を行っています!

お気軽にお問い合わせください!

Airline

関連記事

  1. 面接 対策 合格
  2. シドニー エアラインスクール キャセイパシフィック航空

最近の記事

  1. 面接 対策 合格
  2. フライトアテンダント 面接 英語
  3. エアラインスクール JAL 面接
  4. キャセイパシフィック フライトアテンダント 追加 募集
  5. シドニー エアラインスクール キャセイパシフィック航空
2021年10月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP